エアロバイクは試乗してから決めよう

エアロバイクで運動不足を解消したい、あるいはテレビを見ながらという『ながらダイエット』をしたいユーザーにとっては、使い勝手がよいエアロバイクをおすすめします。自宅で手軽に使えるというだけに、三日坊主になっても後悔しない低価格帯でまずはチャレンジするのも一法です。また、モチベーションを保つためのデザイン性もポイントで、おしゃれな製品もラインナップされています。運動器具の中でも騒音問題は少ないほうですが、マンション住まいであれば、マグネット式(摩擦音無)を選ぶようにしましょう。また、ハンドル部分のデザインは製品によって異なります。握りやすいか否か、試乗させてもらってから購入するのが失敗ない方法です。上半身が前かがみになるのか、背もたれがあれば、腰に負担をかけないような動きができるか、そうした座り心地もポイントです。お尻にあたる座椅子のクッション性の有無によって、ペダルを漕ぐ時間にも影響するといいます。脚がツラくなる前にお尻のほうが痛くなることでトレーニングを終了してしまう声も耳にします。また、ダイヤル方式で何段階の負荷調節ができるのか、これによって初心者向き、本格的なトレーナー向きとなります。

webmasterをフォローする
fitboxフィットボックス最安値口コミ!価格・値段を1円でも安く購入したい方へ
タイトルとURLをコピーしました